Q&A

介護職員初任者研修との違いはなんですか?

実務者研修とは、介護福祉士になるための基礎的な知識や技術を学ぶ研修です。介護実務の経験や介護資格の有無に関わらず誰でも受講できます。
厚生労働省は、介護の現場で働かれている方のキャリアパスを「初任者研修修了者」→「実務者研修」→「介護福祉士」→「認定介護福祉士」と示しており、平成29年1月から、介護福祉士の受験資格が「介護実務経験3年以上」と合わせて「実務者研修の修了」も必須となります。

HPピラミッド

介護を学ぶのが初めてでも実務者研修を修了出来ますか?

実務者研修は介護現場で働いている方、もしくは介護資格を既にお持ちの方が対象になっています。
実務経験がなく初めて介護の勉強をする方には初任者研修+実務者研修のセット受講をお勧めしております。

実務者研修を修了するとどんなメリットがありますか?

訪問介護事業所で必ず配置される「サービス提供責任者」になるためには、実務者研修の修了か介護福祉士の資格が必要となります。
平成25年4月より「ホームヘルパー2級を修了し3年以上の実務経験を得ることでサービス提供責任者と認められた方」は、訪問介護事業所に配置しても介護報酬(介護事務所の売上)から10%も減額されてしまうため、実務者研修の修了者は現場からも求められています。

実務者研修の修了証明書の有効期限はありますか?

実務者研修の修了証明書に有効期限はありません。
介護福祉士国家試験の受験を目指す方は、計画的に早めに実務者研修を修了することをお勧めいたします。

早めに実務者研修を修了すると内容を忘れそう…

介護福祉士筆記試験対策講座を毎年開講しておりますので、
対策講義・模試&解説で皆様の合格のサポートをいたします。
ホリスケアアカデミー実務者研修修了(見込)生の皆さまには、生徒様価格がございますので、ぜひご受講くださいませ。
対策講座情報はこちら

Copyright(c) Holiscare Academy All Rights Reserved.